Home > チューニング > 初めてのサーキット
初めてのサーキット
管理されたサーキットでタイムに挑む!

サーキット走行は管理の行き届いたクローズドコースを走り込みます。腕を磨くのにピッタリだし、一般道では体験できない速度領域やドライビングスキルの向上もみこめますよね。
ファミリー仕様の車でも安全装備だけで楽しめちゃうのが良いところです。

STEP 1 まずは安全装備から

サーキット走行に最低限必要な装備は

ヘルメット
レーシンググローブ
シートベルト
レーシングスーツ(一部のサーキットでは必須)です。
なんとこれだけ?どの装備もドライバーの安全を守るための装備です。

足回りや吸排気は?
ガレージシロクマは、なにより走る楽しさを感じるのがはじめの一歩だと考えています。
どんな車でもその車なりの楽しみを見つけられるのがサーキット走行の良いところです。もちろん既にチューンされたマシンでも走行可能です(あたりまえか!)。

サーキット走行会には良く仲間同士で行っています。走行会の申し込み方法とか、給油とか、なにから始めればいいのか、聞いたら恥ずかしい事なんて一つもありません。ぜひお問い合わせ下さい。

シロクマVits
ヘルメット レーシンググローブ シートベルト スーツ

STEP 2 もっと楽しく走るための装備

もう一歩つっこんだ装備は、足回りブレーキタイヤあたりになります。

足回り画像足回り(ショックアブソーバ+スプリング)はオススメしたいところです。車のセッティングが変わった!という実感もありますし、ぐっとレーシーになりますよね。

速度域の高いサーキットでは、耐フェード性の高いブレーキパッドがオススメです。

 

レーシングスーツがいるの?

サーキットによるのですが、難燃性素材のレーシングスーツ着用が義務づけられている場所もあります。安全面はもちろん、カッコイイですし、着ると気合いも違いますしね。

4輪アライメントが重要?

車輪の微妙な向きや角度を正しく測定し、調整するのが4輪アライメント調整です。安定した路面のサーキットでは、ミリ単位の4輪アライメント調整が操縦性に大きく関与してきます。ガレージシロクマは4輪デジタルアライメントテスターを用意して、動きを敏感に感じるドライバーをバックアップします。

STEP 3 更にタイムを求めるために

 

走る楽しさを感じると、だんだん車を意のままに操りたくなってきます。そんなドライバーのこだわりにもガレージシロクマはお応えします。ドライバーのレベルが上がるにつれ車に求める内容が変わってきます。 また、限界走行に近づくにつれ、デフやブッシュを入れたくなったり、吸排気のモディファイ、油温や水温の管理、バケットシートなど様々なご要望がでてくることでしょう。もしかしたらパワーアップがしたくなったり、クラッチもいじりたくなるかもしれません。 ドライバーとの対話を大切にするガレージシロクマは、そんなお話を聞きながら、なにが一番良いかを常に考えています。さまざまな要求に信頼の技術と豊富な経験でお応えします。

シロクマVits