Home > チューニング > 初めての峠
初めての峠
まるで本当の峠道、管理されたワインディングを攻める!

一般道の峠道での走行は、かなりのリスクが伴います。でも、管理されたクローズコース内なら、対向車もいないし、リスクを最小に、峠道にアタックできます。峠アタックは群馬サイクルスポーツセンターのサーキットコースを使い、楽しみながら攻める参加型イベントです。

STEP 1 まずは安全装備から

峠アタックに最低限必要な装備は

・ヘルメット
・レーシンググローブ
・シートベルト
・消火器です。

なんとこれだけ?どの装備もドライバーの安全を守るための装備です。

ガレージシロクマは、なにより走る楽しさを感じるのがはじめの一歩だと考えています。
峠アタックは参加型のほのぼのイベント、ミニバンやファミリーカー、オートマチック車でも楽しんでいる方がいらっしゃいます。

一般道では得られない興奮と感動を得られるとってもアットホームなイベントです。なにより一般道の峠道を攻めるより格段に安全に全開走行が可能です。なにから始めればいいのか、聞いたら恥ずかしい事なんて一つもありません。ぜひお問い合わせ下さい。

ヘルメット、レーシンググローブ、シートベルト、消火器

峠アタック参加車両
ヘルメット レーシンググローブ シートベルト 消火器

STEP 2 もっと楽しく走るための装備

もう一歩つっこんだ装備は、足回りブレーキタイヤあたりになります。

足回り画像足回り(ショックアブソーバ+スプリング)はオススメしたいところです。峠コースのうねりや路面に合わせた足回りをチョイスしてオススメする事ができます。

ワインディングやアップダウンが連続する峠アタックでは、耐フェード性の高いブレーキパッドがオススメです。

レーシングスーツがいるの?

峠アタックには長袖長ズボンなら参加できるのですが、やはりレーシングスーツレーシングシューズは着用したいモノです(ヘルメットとレーシンググローブは義務です)。安全面はもちろん、着ると気合いも違いますしね。

4輪アライメントが重要?

車輪の微妙な向きや角度を正しく測定し、調整するのが4輪アライメント調整です。舗装路での全開走行では、ミリ単位の4輪アライメント調整が操縦性に大きく関与してきます。ガレージシロクマは4輪デジタルアライメントテスターを用意して、動きを敏感に感じるドライバーをバックアップします。

STEP 3 更にタイムを求めるために

峠アタック参加車両

走る楽しさを感じると、だんだん車を意のままに操りたくなってきます。そんなドライバーのこだわりにもガレージシロクマはお応えします。ドライバーのレベルが上がるにつれ車に求める内容が変わってきます。
また、限界走行に近づくにつれ、デフやブッシュを入れたくなったり、吸排気のモディファイ、油温や水温の管理、バケットシートなど様々なご要望がでてくることでしょう。もしかしたらパワーアップがしたくなったり、クラッチもいじりたくなるかもしれません。
ドライバーとの対話を大切にするガレージシロクマは、そんなお話を聞きながら、なにが一番良いかを常に考えています。さまざまな要求に信頼の技術と豊富な経験でお応えします。